2016年08月01日

湾岸クリテリウム2016。

過去2回とも予選通過している相性が良いレース。
しかしまだ調子も上がらず、コースも昨年までと場所が移り切れどころが無くて誰でも残れるやや危険なコースに。

まだ骨もくっついていないので落車は厳禁。
怪我無く帰ってこれればOK。

予選2組目。
1組目は逃げが決まったので2組目は決まらないと踏んで、集団内で様子見。
序盤苦しんだが後は問題なし。

ただやはり危なくて、逃げに乗っちゃうのが正解だなあと思う。
アベタカが行くの見えてたけど埋もれて合わせられず。
66208E54-225D-4736-9F3C-5F444F642D48.jpg
photo by 岡元さん

01BA49D1-E6A2-4090-8EDB-1FF07372FD49.jpg
photo by 古江さん

密集するレースではお互い無理せず走るのが集団に対するマナーというかルールだと思うのだが、落車覚悟で走ってる人間が中にいると途端に危険になる。
落車覚悟、ていうのは自分だけじゃ無く、人を転けさせるのも躊躇わない、ということ。
ニールプライドの2選手はとにかく最低でしたね。

そんなこんなで最後わちゃっとしたところに突っ込む勇気は無く、位置取り下げて予選落ち。
まあそもそもの脚がないんだから、仕方がないですわな。

宮田は決勝上がりたいなー
posted by ゴロー at 14:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アソビイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック