2016年10月17日

JBCF魚沼ロード。

今年は土日共にロードレースな魚沼ロード。
コース的に得意ではないですが、良いコースで好きなレースです。近いし。

土曜朝に現地入り。
睡眠少なく体調と内臓の調子はイマイチですが脚の状態はまずまず。

Day1レース。
最後尾からスタート。登りは真ん中あたりでこなす。まあなんとかなる強度…と思ったら残り150mで心肺がオールアウト。
まさかの2km持たず千切れる。

後ろから来たざいこーさん川崎君に拾われ、2周目の登りはペースで登って前のグルペットにジョイン。奈良さんとか川田くんとか。
あとは淡々と走って完走。
A9722FAC-6F19-4138-87CE-D2773D0F6C8D.jpg
photo by 岡元さん
まだまだ踏めるけど心肺がついてこなかった。

Day2。
夜中に何度も目が覚め、休まりきってない感じ。

スタートは最後尾から。
逃げが1発で容認された為、登りのペースは緩やか。おかげでついていける。平地は速めだが前に上がり、登りで下がる。

4回目の登りでアンカーの引くペースが少し上がると心肺がキツくなり、残り100mで気持ち的に諦めてしまう。まだ上げること出来る範囲なのに。

しばらく待って後ろに回収してもらって今日もグルペット。ノブシゲさんとか、次の周で後ろから奈良さんも合流。
淡々と走って7周目に入るところで足切り。

いやー、弱い。
脚というより心肺系がネック。
凡人の自分が今の練習量では当然の結果なんだけど。
でも悔しいな〜。

なので、少しでも練習積めるようにいろいろ考えないと、と思ったのでした。


posted by ゴロー at 20:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アソビイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

茨城シクロクロス#1。

早いものでもうシクロクロス開幕です。
まさか9月からやるとは思ってませんでした。

今シーズンからフレームを新調しました。
3D641C40-290F-4391-A409-C1A116A45E7C.jpg
BH RX TEAMです。
パーツは前のコルナゴから流用。ディスクブレーキも対応してるので、いずれ変えたいなぁ。

水曜に組み上がり、木曜に舗装路をちょろっと走る。
フロント周り中心にとてもかっちりしてていい感じです。弱ペの前こーや義くんがとても進むと言ってた意味がわかりました。
シクロクロスのフレームは柔らかい必要ないと思うんだよなぁ。

当日は久しぶりの晴れ、暑いです。
着いて早々に試走。
変化に富んでたぶん非常に良いコースです。
でもコースこなすのに精一杯でレース出来るイメージがわかない…下りに目が慣れません。
レース前から意気消沈。

それならそれで気楽なものです。
C1は24人くらい。いよいよスタート。

スタートから速…くない。
なんとなく周りに合わせて8番手くらいでしばらく走る。テクニカルなセクションでは自分の後ろは長蛇の列。
7AC478F2-DB8D-4304-98CC-B079FB3C3813.jpg
テクニック関係ない劇登り区間は他の皆さんより登れているようです。
803542CC-9F14-4D2A-B21D-B7021A342370.jpg
photo by 岡元さん
シッティングオンリーでくるくると。

安全走行であまり頑張らず、ペースで楽に走ってるといつの間にか3番手。
PAXのヨピ選手がメカトラでいなくなり、なんと2番手。先頭の小坂さんは遥か彼方。

30分過ぎると暑さでフラフラ。
自分もメカトラでフロント変速が出来なくなる。
5FFF34B4-85AC-4C83-AC1A-D795E522ED2D.jpg
photo by 諏訪さん
後ろも離れたので安全走行で楽に。
それでも暑い。辛い。

暑さで苦しくてペース落ちすぎて影山さんにいつの間にか追い詰められ、距離測りながらなんとか逃げ切り。
2DBD93C3-6649-46D9-89FD-83671A6289CB.jpg
かにかに。photo by momikoさん

なんとC1で初めての表彰台で1発残留決まりました。
D2F03891-3AD1-41A7-B7E6-45671E7598E7.jpg
photo by 坂手さん
恐れ多くも帝王小坂さんと表彰台です。そんな日が来るとは夢にも思いませんでした。一生自慢します。

まあメンツが薄かったのですが、2位は2位。良かったです。
自転車が良かったおかげですね。
RX TEAMはいいぞ。

posted by ゴロー at 22:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アソビイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月20日

JBCF仙台クリテ(エキシビション)。

秩父宮杯の表彰が終わってから急いで練馬。
アオキさんに拾っていただきそのまま仙台へ。

9時過ぎに到着してまずは牛タン。
4880E694-7A3D-4E95-9F17-EE6041B05B06.jpg

なぜかお店にサインを求められる若者2人。君たち有名だったの。
AA32B38E-6384-4777-B24B-D0FF7142F7F4.jpg

パーリーナイトは続く。
C2DE1128-82CB-4619-9FA5-F0A53B3B02C8.jpg
仙台サイコー。

翌朝はお酒が残り、ふわふわしながら会場入り。
雨降ってきて萎えるけど、観客多くていい感じ。

JPTはエキシビションレースなので無理せず走るつもりでスタート。
4人の逃げが容認されたので、ちょっと後追いで合流しようとしたらコントロールする気満々のアイサンと右京が許してくれない。スピード差つけて2度チャレンジするがペース上げて引き戻される。
自分みたいなザコは放っておいてくれればいいのに…

逃げが捕まり新たに2人逃げが決まる。
再度チャレンジ。相変わらず追ってくるけどようやく振り切りブリッジ成功。
でも脚が既になくて回るのがやっと。
ラスト2周くらいでドロップして、逃げも捕まり終了。

コースも楽しいし観客多くて楽しかった!
来年も来れるといいですね。
(レース中の写真あったら誰かくださいm(_ _)m)

posted by ゴロー at 13:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アソビイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第64回秩父宮杯。

9月はあまりレースがなかったので、3年振りくらいに出場。
コースがとても良くて好きなレース。

前日に体調悪すぎてチーム練DNFだったけど、少し回復したのでなるしまナベさんと現地へ。雨で萎える。
調子に自信が無いので大人しく怪我なく完走が目標。

パレードからのスタート。
序盤はニュートラルが何度かかかりゆっくり進行。
怪我できないので下りが恐怖。相当ゆっくり下る。

残り3周?の登りで3名逃げてて、頂上で2人に。
登り返しで追走が牽制してたので1人でブリッジ。逃げてたのはLINK東北の大尉とVCの佐藤さん。2人は逃げる気マンマンだったので仕方がなく逃げることに。
佐藤さん強過ぎ。ついてるだけで辛い。

最終周回の登りはペースで登る。後ろから2名追いついてくる。
下りは1人安全に下る。大尉が飛ばして前3人に離される。
登り返しで追いつくも佐藤さんと吉田さんに先に行かれてしまう。

下りきって残り500mくらいで前2人とは3秒差くらい。交わしたかったが吉田さんには逃げ切られて2位。
33007972-0131-419F-8BBC-229F1FAD4053.jpg
残念でした。

下り怖がり過ぎたかな〜

posted by ゴロー at 00:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アソビイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月14日

オハサイ。

もう家出るときはまだ夜で、過ぎた夏に心痛めるこの頃です。
小雨が降ろうと苦しむために集まる15人強。マニアな世界がそこにはあります。

以前は先頭はせいぜい5人、最近は10人以上で最後まで。
かなり速くて辛いです。
93C988D1-DC70-471D-975F-1585B4F36F23.jpg
photo by 風さん
はい死亡。

今年はもがきやすい気がしてハンドルを1cm以上高くしていたのだが、徐々に低く。
帰り道、思い切って以前と同じ高さまで下げてみた。どうだろうね〜
C53D17E3-B84F-4730-8730-ACDD34C5FD2E.jpg
SARTOはカッコよいな。
背景は気にするな。
posted by ゴロー at 16:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | オソトアソビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

JBCF山口2戦。

JBCFのレースの為、遥々山口。

657EA1BE-59A5-4DC4-BFA8-75884D533C3F.jpg
山口が1番だそうです。

TTは序盤のコーナーをことごとくミスり、地下出口ではカラーコーンを蹴飛ばし、完全失敗。
トップから+7秒で29位。
レースペースで試走しないとダメだなー

クリテは大雨。
予選は完走すれば落ちることはないので最初から最後まで最後尾。

とある事情で絶対病院には行けないので、決勝も最後尾からスタート。
晴れていればそれでも問題ないが、このコンディションでは初めから前にいないと完走無理とはわかっていた。

案の定落車の度に集団が割れバラバラに。
ひとつひとつ前の集団へ飛び移るが、第2集団まで上がったところでまた前で落車があり、気持ちもオールアウトして終了。
結局最初から前にいた11人だけが完走。

思う存分レース走れる環境に早くしないとやってる意味無いな、と思う。

posted by ゴロー at 10:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アソビイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月02日

SARTO。

雨予報だったけど降ってなかったので近所をちょろっと。

81FE9FE8-A6D3-4993-A61F-52D263BC105D.jpg
SARTO DINAMICA
早起きのモチベーションはこれ。
ようやく組み上がった。

ブラケットやサドルなど微調整しながら30分程だけ。

45211541-43C7-486F-84F1-423058E1BD52.jpg
プーリーも話題?のやつです。
なるほど、これはなかなか良いですよ。
posted by ゴロー at 06:35| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アソビ道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月01日

湾岸クリテリウム2016。

過去2回とも予選通過している相性が良いレース。
しかしまだ調子も上がらず、コースも昨年までと場所が移り切れどころが無くて誰でも残れるやや危険なコースに。

まだ骨もくっついていないので落車は厳禁。
怪我無く帰ってこれればOK。

予選2組目。
1組目は逃げが決まったので2組目は決まらないと踏んで、集団内で様子見。
序盤苦しんだが後は問題なし。

ただやはり危なくて、逃げに乗っちゃうのが正解だなあと思う。
アベタカが行くの見えてたけど埋もれて合わせられず。
66208E54-225D-4736-9F3C-5F444F642D48.jpg
photo by 岡元さん

01BA49D1-E6A2-4090-8EDB-1FF07372FD49.jpg
photo by 古江さん

密集するレースではお互い無理せず走るのが集団に対するマナーというかルールだと思うのだが、落車覚悟で走ってる人間が中にいると途端に危険になる。
落車覚悟、ていうのは自分だけじゃ無く、人を転けさせるのも躊躇わない、ということ。
ニールプライドの2選手はとにかく最低でしたね。

そんなこんなで最後わちゃっとしたところに突っ込む勇気は無く、位置取り下げて予選落ち。
まあそもそもの脚がないんだから、仕方がないですわな。

宮田は決勝上がりたいなー
posted by ゴロー at 14:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アソビイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月20日

オハサイ。

先週からオハサイも復帰。

先週は全くだったけど、今週はそこそこ踏めた。
7DB49A5E-18DD-436B-9A6B-88997E0B7B27.jpg
とりあえずお台場に間に合うといいなぁ
posted by ゴロー at 21:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | オソトアソビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月17日

3年前。

ツールド熊野の季節ですね。

3年前、JBCFのレースで出たのが唯一の経験。
C0D9D82C-E792-4E45-9BDF-BC234BC617C2.jpg
初日2位、2日目7位、3日目は20位だったかな?あのあたりから走り方がわかり始めてたのですよね〜

そして3年後の今。
5726A578-4F7C-4234-9A84-E683262835A2.jpg
骨折して走れない日々が続いてます。
徐々に動かせるようになってきたので乗れる日も近い?

自転車乗りたいゾー

posted by ゴロー at 21:18| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 妄想アソビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする